<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ひとり探索。


すぐ近くに、海中展望塔があって、割引券も手に入れたので
二泊目は一人で旅館周辺を歩いてみる事にしました。

お天気悪し。どんより。
d0113610_1814484.jpg

しかし、太平洋側、強風もいいところ。
温泉街なのもあって、ますます寒くないのが救い。

んで、胸の奥がゾクゾクします。この外観・・。
廃墟好きにはタマラナイ。いや、廃墟じゃないけど。
海沿いだから、すぐボロボロになるのは仕方ない。
d0113610_18162483.jpg

すぐそこに見えるのは、男湯。いくらなんでも、丸見えすぎでわ・・・。
d0113610_18154443.jpg

展望塔に行く時は、まだチェックイン前で誰も入ってなかったけど、
展望塔から戻って来たら・・入浴客がちらほら・・てか
見せつけるように男達が外側に居たのは気のせいか。

この日午前中雨だったので、雲行きがまだ怪しいまま。
海が黒々としている。
d0113610_18185244.jpg

波も荒かった。
d0113610_1818917.jpg

一人で行くのが恐い位、誰も居ない。
d0113610_1817438.jpg

くるくると階段をおりて展望塔内。
d0113610_1820923.jpg

透明度が低い。魚も少ない。デジカメの充電を無くしてまで
撮影に必死になりました・・。なのに撮れたのがコレだよ・・。
だれだよお前・・。
d0113610_18192795.jpg

気を取り直して、白良浜まで行ってみた。徒歩10分ほど。
ヤシの木もひっくり返るほどに風がびゅうびゅう。
d0113610_18204513.jpg

このネットみたいなのは、何だろう?砂の飛び散り防止??
d0113610_18212676.jpg

向こうの岬に見えるのが、ホテルシーモア。
d0113610_1822562.jpg

海風にあたると、しんどくなるのは私だけ?
とぼとぼと、ホテルに戻り、大浴場にむかった。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-29 18:25 | …旅…

外観が素敵な旅館へ。


ここに私が来たからには、旅館に泊まらなければ。
予約をいれようとしたら、どこもギリギリで
ハ!そういや、年末じゃん!忘年会やら老人会やらで
でかい旅館は適度に予約で埋まっていた。

こんな風に、折に触れて「12月」だと言う事に
気が付かされて、なかなか気持ちが追いつかなかった。

なんとか予約が取れた旅館がここ。ホテルシーモア。
d0113610_1144387.jpg

なんと申しますか・・外観が廃墟の様だったので
存在は知っていた・・だがしかーし、中身は立派で広々。
口コミを見て行ったけど、なるほどと思った。

そして案内された部屋が、今まで泊まった旅館で一番広かった。
もう2,3人余裕で泊まれそう。しかも自動ドア。

鈴木その子似の仲居さんがいそいそとお世話をしてくれた。
d0113610_116198.jpg

モザイクを入れられたお婆・・。
手前に伸びた足は母。
d0113610_1164562.jpg

さ〜、気合い一発のお食事です。この度は部屋で晩ご飯。
食前酒(梅酒)がうまい。5分後、真っ赤になる私。
始めはお上品なのですが・・・
d0113610_117579.jpg

このあと、てんぷら、かまめし、お肉、水炊き等々
ハードでヘヴィ〜な食事がぞろぞろ。

伊勢エビぃ〜〜!
d0113610_1172211.jpg

旅館の晩ご飯で、物足りないなーと思った事が無い。
一泊目は、釜飯パンチで、ちぎれそうになる程、お腹一杯になった。
横にならないとダメなほど・・。

それなのにデザートのメロンがとんでもなく美味しかった。
別腹とはこの事かと再認識。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-28 01:21 | …旅…

走れ!12月!!


ふむ、12月だのぅ。
なのに私は旅に出ました。

だいたい行き先は決まっている。
和歌山・婆宅。

川の水が無くなってる・・・。
とんと雨が降っておりませんからのー。
d0113610_21223026.jpg

猫だけでなく、犬も草を食うのだ。
シャクシャクと葉っぱを食すサラぶー。
d0113610_21232376.jpg

もの凄い勢いで日が暮れてゆく。
暗くならないうちに撤退!
d0113610_21215846.jpg

服を着せられ(毛防止対策)ぐーぐー眠るサラ。
その姿は、まるで人間のようです。
d0113610_21242664.jpg

和歌山県南部なので、風は強いが大して寒くない。
お婆ちゃんは元気そうだった。
母の飯は相変わらず美味かった。
父も相変わらず極楽とんぼだった。。

平和すぎて年の瀬だと言う事に全然気が付かなかった。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-27 21:26 | …旅…

寒い寒いと言えども・・・


地球温暖化を肌で感じるようになった。
だからなのか、年の瀬と言う感じがせず
ことあるごとに「ハッ!!そう言えば、今は年末!」
と訳もなく慌てている。
去年はカイロをひとつも使わず、過ごせた。
今年はどうかな・・。

これは12月上旬に撮影したもの。
d0113610_15365045.jpg

場所は、もちろん私達夫婦のプレイスポット
山賊です。
d0113610_15374048.jpg

クリスマスツリーも飾ってあった。
勝手なお願いごとが書かれて鈴なりになっていた。
道に迷いませんように・・とか。うむうむ。
d0113610_15385629.jpg


d0113610_15393891.jpg


d0113610_1540642.jpg

こんなまともに紅葉を見たのは、
初めてかもしれない・・・・。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-26 15:32 | 日常

図々しい事この上無し。

せつこ姉妹にクリスマスプレゼントを要求された。
プロフィール帳。
クラス替えや卒業する時なんかに書いてもらうやつだ。

んなもん父さんに買って貰え、と言うと
師走な年の瀬なのもあって、休みが無いらしい。
ほんぢゃ婆ちゃんは?と言うと
具合の悪い爺さんの世話で無理らしい。

誰が子供達の面倒をみるのか!?

わ、わたしか?

こんな感じのやつ・・とメモ書きされた。
買う店まで指定されている。
夫に見せると、買いに行く気満々。

重い腰をあげ、夫婦揃って買いに行こうとしたある日
タイミング良くせつこ姉妹あらわる。
「今から買いに行くんよ」
と言うと・・・・

姉妹「おねーさん達、

サンタさんだね!!



猫達がトナカイ♪♪


誰がうまい事言えと。

指定された店で購入したものがコレ。
d0113610_15195637.jpg

プロフィール帳とおそろいのシールと
子供の心をつかんで放さないうんこシールも添えて。
d0113610_15192968.jpg

最近のプロフィール帳は良く出来ている。
早速私も一枚書いてみたが、意外に考え込んでしまった。
私が小学生の頃も、こういうのあったけど
いちいち項目なんて無くて、ただ真っ白な紙に
好きなことを書き込むと言うやつだったな。。時代ぢゃのう。

次の日、待ちきれなかったのか、姉妹は来た。A.M.9:00
しかし、私は出勤した後だったので夫が対応した。
「本当に買って来てくれたーー!!!」
と大はしゃぎだったらしい。

と、言うわけで・・メリクリ!!(終わってる・・)
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-25 15:17 | 日常

ああ無情。


テレビをつければ天気予報で
冷え込む、今年一番の寒さ、寒冷前線が活発・・・

寒い寒い言うなあああ!!

室温をみてみると15度。
室温にしちゃ〜低い方なのか?
お猫さま達のまるまり具合を見てると
寒い方なんだろうね。
・・・エアコンのスイッチを入れる。

室温も低いが、ここはもっと・・寒い。
d0113610_204458.jpg

ぴゅ〜〜・・・。

折角、かまくらの下にハッポーを敷いたのに・・。
赤絨毯まで用意して、御猫様仕様にしたのに・・。
あんなにおしくらまんぢうしてまで
入っていた箱にもキャテーが悦ぶだろうと
夫の履かなくなったジーパンを入れたけど・・・。

盛者必衰の理をあらわす〜〜!(大袈裟)
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-06 20:07 | 日常

お犬さま〜!


私達がグアムに行っている間、この人間大好きな犬、
サラぶーは、どうしていたかと申しますと・・・
ぶひー!
d0113610_1825269.jpg

三日間、ペットホテルに預けられてました。
人間大好きだから、知らない人の所に預けられても
なんてことないだろう・・と思ってましたが、やはり
慣れてないのもあって、迎えに行った時
気が狂った様に大喜びしたそうだ。
母は「ちょっとは苦労させないと!」と預けに行ってましたが
今頃苦労させてもねぇ・・。

そんなサラを夫が散歩に連れて行ったところ・・
道行く人達に、ことごとく挨拶をされ、サラを撫でられ、
少々戸惑ったそうだ。
本気でサラと走った為、次の日筋肉痛に見舞われ良い運動に。
途中で拾った、キツネのマフラー?で、まるでイタチか何かを
捕まえた猟犬の様にはしゃぐサラを見て、少し引いてしまったそうだ。
d0113610_1826322.jpg

スマートに見えますが、いえいえとんでも御座いません。
相も変わらず、デブサラです。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-05 18:27 | 日常

拾って下さい。


猫は、新しい入れ物が大好きです。
新しい入れ物を見つけると、サイズが合おうが合わまいが
とりあえず無理にでも入ってしばし、滞在します。

深いけど、広さがあまりないのでぎゅうぎゅう。
d0113610_1817228.jpg

やはり、段ボール箱と言えばこのセリフでしょう。


キャテーとなべぼうは、仲良し。
しっぽが無くても愛されて生きて行けるわよねー!
d0113610_1818137.jpg

なべぼー・・鼻ペチャなのがバレる・・。
てか、恐い・・。

あのような満員御礼でも、3日続けば良い方で
今となってはただの邪魔な空き箱です・・・。
ついでに、あのかまくらも!
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-04 18:15 |

コジウトとトメサマ。


寒いですのぅ…。
くるまったりもぐったりするのが好きなニャニョリン。
d0113610_21454611.jpg

私も寒いわ…。
ええっ、そんなモコモコのムチムチなのに?
何のための肉襦袢!?
人間の温もりが大好きなナンポン。
d0113610_21463184.jpg



母に渡す写真を現像したついでに、
隣の伯母用に作ったグアム写真集。

母「伯母さんも行きたかったみたいだから
こんな写真、羨ましいを通り越して妬ましいんじゃない?」

・・・行きたかったのか??
でも、定員10名様でピッタリだったしぃ〜
例え誘って連れてっても、一人浮くだろうしぃ〜
姉弟だからって父と一緒にさせると初老の姉弟喧嘩だしぃ〜(とほほ)
・・と、話しに花を咲かせていたら一緒に写真を見ていた夫が

「・・なんか、可哀想よ!」

可哀想もなにも、姉弟、歳を取って仲が悪くなると
修復不可能と言う実例です。肝に銘じておきましょう。

新婚旅行から帰って来た弟夫妻を迎えに行った母。
マリンスポーツを楽しもうと海に潜った弟は
三半規管をやられて熱にうなされたそうだw
もともと、姉弟の中で群を抜いて乗り物酔いする弟。
耳抜きの出来ない家系なのに・・。
てな訳で、あんまり肝心の新婚旅行が楽しめなかったらしい。
あのままグアムに残っておけば良かった、ですと。

疲れて何もする気しないだろうと、おでんを作って
弟夫妻にあげたのよ。いい姑でしょ、ホッホッホ。と浮かれる母。
家が割と近いので、良く何か作って持って行ってあげてるらしいけど
「弟を通して(←ここ重要w)迷惑だ、とか言われない?」と訊ねると
そんな胸を躍らす展開ではなく、逆に大歓迎らしい。
どうやら「出来る方がやる」夫婦らしい。
姑目線だと、どうも弟の方が「自分でやった方が早いから」と何でもやっているらしい。
そして、母にとってはそれが少し・・ほんの少し・・

気に入らないらしい。

わははー!鬼姑〜〜!!とはしゃいでいたら
夫が「おでん、美味しかったのにー!もう無いん?」と。
いつぞや、私の所にもおでんを作って持って来てくれた事があったのだ。
いらぬ一言だった。
「ええっ、全部持って行ったよ!そんな事なら残しておけば良かった」
猛烈にうろたえ、後悔する母。

えらい嫁と婿に対する気持ちに差があるねぇ・・・面白いからいいけど。

母と言う生き物は、例え義理でも息子には甘いものなのか。

・・・と言う訳で今夜はおでんです(愛妻)
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-03 21:49 | 日常

雲の上。

帰りの機内から。
雲の上に出てしまえば、雨模様もなんのその。
d0113610_21163318.jpg

福岡空港に近づいてきて、下を見るとそれはまるで
グーグルアース!!
だけども、地理に疎すぎる私は。。そこが四国なのか、九州なのか
はたまた本州なのかサッパリわからず、
適当な山をみつけて「阿蘇山!!」と恥ずかしく叫んでいた。

どんなに寒かろう・・と空港を降り立つと・・
あんまり寒くなーい!九州だからかな??
新幹線に乗るとき、とてもうらやましいと思ったのは
当たり前だけど、ことごとく始発で自由席でも余裕で座れた事。

ガラガラとスーツケースを引きながら、家路に着いた。
やっぱり、思ったほど寒くなーい。
無事、生還しました!と片っ端からメールを送った知人からの
返事は「あんたが出発した日ぐらいから死ぬかと思う程冷え込んだんよ」
。。とのこと。

そういえば、出発した日、かなり寒い思いをしたのを覚えている。
ああ、もう、すでに懐かしい想ひ出・・・・。

反省点は、いくつもある。
相手方の家族も一緒に食事した時、私の父が愚問とも思える
質問をしてきた。
「和歌山の温泉と、こういう海外とどっちがいい?」

即答で、愚問にかぶせるように、「おんせん」と
ぶっきらぼーに私は答えたんだった。
はうあ!と気が付いた私は即座に「温泉の方が慣れてるし!」と
慌てて言い訳してみたものの・・客観的にみたら
無愛想な小姑だこと・・と思われたに違いない。
ロクに相手方の家族と交流しなかったし。

帰って来てすぐにデジカメ現像しに行った時も・・
自分の家族しか撮ってない事に気が付いた。
向こうの家族が何枚も全員入ったのを写していたのを
覚えている・・。

思い返してみると私はこれっぽっちも「気を利かす」事を
していなかった・・・w

大反省!!
[PR]

by mokumaou11 | 2007-12-02 21:14 | …旅…