<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いぼいぼとダイエット

グレードダウンした冷蔵庫の上です。
うんと低くなったからか、絶えず猫達が乗ってます。
毛が隙間に落ちるので、専用の板を夫に作ってもらいました。
ますます居心地が良くなった事でしょう・・。

「いぼいぼよ〜」
d0113610_09487.jpg



かれこれ夫の体重は、トータルで17キロ減った。
ずーっと一緒に暮らしている私は、
そう言えば、顔のラインがクッキリしたかなぁ・・
と言う、実に鈍い、痩せた方からしてみれば
痩せた甲斐が見いだせない反応。

妻はこのような反応だけども、さすがに
仕事関係で久しぶりに会う人達には、
「ど…どしたん?病気???」と皆が皆、判で押した様な
反応らしい。
病気が原因で痩せたのではなく、
病気を治す為に、ダイエットしたんですーと言うと
これまた「ど、どうやって??」と皆、同じセリフ。

最初は、嬉々としながら答えていたものの、
最近は、もう、いよいようんざりしてきたところ・・

とっても新鮮な反応を示してくれた人物が一人。
そう言えば、今年になって初めて会った。忘れてた〜。

ちょっとお届け物があって、夫婦でその人物の家に
突撃したのだ。我が妹なんですが。

その妹、夫の姿を見たとたん、

えぇええーーっ!!


誰ぇ〜〜〜〜!?


初め、私達夫婦は何の事やら分からず、3秒ぐらい経ってから
ああ、痩せた事か・・と気が付いて妹を見たら
目に涙を浮かべ、夫をぺたぺた触りながら、

「ふぇええ・・ちゃんと食べなよぉおお」

いや・・ちゃんと普通に食べる様になったから、
こうなったんだよー。
てか、


泣くなぁああ!!


後に、妹が母と電話で
「ねーちゃん、別の人と再婚したのかと思った」
・・そんな器用で素早い技は持ち合わせておりませんっ。

それに、痩せたと言ってもまだ太り気味なんですけど・・
あなた達に会わせた頃は、今よりももっと痩せてたんですけど・・
太りスパイラルの頃、どれだけ太っていたか今更ながら
気が付いた。その頃の写真を見てみたら、
顔が殴られたみたいにパンパンで、ゾッとした・・と
夫がポツリとつぶやいておりましたとさ。。。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-25 00:17 | 日常

くたびれました


帰り道は、、ハナから高速乗って行く?それとも
混んで来たら、乗る?最初から乗ると2000円ぐらいかかるよー
もったいないから途中から乗ろうと夫が勝手に決めて
あーそうだね、ガソリン代会社持ちなのに
入れ忘れてお盆休みに入って、ただでさえ高いのに日本で
いちにを争う高さの所でガソリン注いだからね。。と
イヤミたっぷりに言い放ち(なんて妻だ)
一般道をひた走った。
とは言うものの、レジャーなのでガソリン自腹は当たり前か・・。

海岸沿いになると、驚くほどの人、人、人。対岸沿いで花火が
見られるのだ。へーーー、こんなに人気があるんだぁ、、と
本当に、恥ずかしながら、今更ながら、気が付く。
お陰で何発か、それはそれは美しい花火が見られた。

見惚れてしまい、デジカメにおさめるのを忘れていて、
大急ぎで撮った画像がコレ・・・。
d0113610_18161014.jpg

うわああ・・心霊写真〜w

実は、これ、やっぱり混んできたので(どこまでも考えが甘いっ)
引き返して高速に乗ろうとした道で後ろ向きながら撮ったやつ〜。

リッチ道(高速の事)は、さすがにスイスイ進んだ。
でも行く道にリッチ道に乗っても、大混雑だったろう。
なぜなら、後日テレビでサービスエリアがえらい事になってたのを
放映していたので。

花火大会が見たい人!!半年ぐらい前から旅館を予約し、
泊まりがけ覚悟で見に行くべし!!
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-22 18:18 | 日常

お盆休み


がんがん削られるのは良いのだけど(良くないけど)
えらい水しぶきが顔に散る。
助手が散る度に拭いてくれるのだが・・
会計の時に「お顔にクリーム塗っておいてね」と指摘される。
ハテ?と思い家に帰って鏡で見てみると、赤い斑点。
あー、この事かぁ。朝、顔を洗った時等に良くなる。
痛くも痒くもないし、放っておけば勝手に治るので
気にせず過ごしていたが、朝、出勤した時必ず誰かに
「赤くなってるよ?」とさわられる。

触るな。

てか伝染病だったらどーするんだ。

お盆休みの間、歯医者もお盆休み。ホッと一息。

1日だけ夫婦で休みが揃ったので、
いざ!毎年恒例お墓参りへ。

お盆のまっっさいちゅうだったので、道が混んでるかも
しれないねーと実にお気楽に私達は出発した。

途中から、道が混んで来る。道路規制の看板が立っていた。

夫「あっっ!!今日は何日?」

思いっきり某所の花火大会の日だった・・・・。

時は午後2時。花火大会まではまだまだなのに渋滞。

その渋滞が、渋滞ではなく大大大渋滞だと言う事に
時速5mぐらいになってから気が付く。おお神よ・・・。

最初は、どこまで続くんかねぇ〜?まさか某所まで?
そんなこたァないぢゃろ〜と、果てしなくノンキな夫婦。
そうこうするうちに私の膀胱が貯水率100%近くになってきた。

コンビニも何も無い、進まない道で、私の人生もう終わったと思った。
シートベルトはとっくの昔に外した。
夫が気を逸らそうと話しをしてくれるが、うっとおしい。

もうダメだぁ〜〜つき合い初めのカップルでなくて
良かったよぉ〜〜〜と思った時、



神様って、居るんだねぇ・・
人間、ガマンし続ければどーにかなるんだねぇ・・・
あれだけ差し迫っていた尿意が漏らしてもないのに
どこかへ消え去って行った。

やはり大大大大渋滞は某所のフェリー乗り場まで続いており
そこを過ぎれば、今までの大大大大大渋滞は何だったの?
と思うぐらい道はスカスカ〜〜。

途中のホテルで止まってもらい、用を足す。

日が・・日が暮れかかっている。西に向かって走っているので
強烈に眩しい。

お墓に到着するも、今度は便意・・・。
今日は、試練の日か?と、そそくさと墓参りを済ませ、

でました。ここは、いろり山賊・・・。
d0113610_1841610.jpg


トイレに走る。

良く車が停められた事・・と思う程、やはりここも
混雑していた。2時間待ちだそう・・。

いつもガラガラの時に来るので、待つのは全然慣れてない。
私は、このままハトムギ茶と草餅だけ買って帰ってもいいかなー
と思っていたが、夫はどうやらそんな気はなかったみたいで
たまたま空いた二人用の座敷(と言っても外の)を指さし
「ここ、座っておいて!!」と店員を捕まえに行った。

待ちながら、来年は例えお盆の真っ最中でも
花火大会の日だけは避けようね・・などと話す。
私の気分は、生理現象に振り回され最悪だったが、
夫は「けっこーこうゆうのも楽しいね」・・・・。

はい、救われますw
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-21 18:01 | 日常

終わりの見えない旅


男好きキャテーの寝姿です。
横向きに眠る夫、へばりつく様に瞑想するキャティ。
仰向けになれば、サーカスの玉乗りの如く、ひょいひょいと
地面に落ちる事なく胸の上に移動します。
セリフをつけるとすれば、

「ふん、そう簡単にはやらせないわよ」
d0113610_1631584.jpg



戦々恐々の歯医者、10回程通いまして、やっと一本終わりました。
あの針金突き刺し治療を延々やられました。
治療が終わると、全身汗で濡れ濡れ。ぬればばの一丁上がり。
外は鬼の様に暑く、魂が半分抜けた状態でゆらゆらと帰る。

抜歯されなかっただけでも良かったばい。。と
無理矢理前向きに考え、次!!!

治療したお隣の光り輝くクラウンが、もうダメらしい。
えっと…それは何て言ういいがかり?
そして、私はいいカモ?

へぇ・・じゃあお願いします・・。

この時は、その傷んだクラウンを外されて終わった。

あったらしいのに取り替えてくれるんかな?と思っていたところ
違った。

またその隣の歯を治療するらしい。なんで?虫歯らしい(無自覚)
がっぼーーーん。

またしても四方八方から麻酔。そんな痛み止めするほどに?

なるほど、気が狂いそうになるほど削られ続けた。
途中、痛くなったのでまた麻酔。いっそのこと眠らせてくれ〜。
削られながら思った。

もう何も食わん!!!(無理だっつぅの)

それから上の歯も下の歯も全部、型をとられた。
総入れ歯でも作ってくれるのかね・・・。
なんと、この時私は初めて知ったのだが
左下奥歯、生まれつき一本欠落しているそう。
欠落してるのは右だけかと思ってたのに、左右対称だった。
右側と同じくブリッジにされまーす。
今はまだ、隙ッ歯の状態・・(奥歯なので気にしない)

結果・左下奥歯、全部治療されました。
歯医者の旅はまだまだ続くよ〜全然嬉しくないっ。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-20 16:30 | 日常

たった一本の虫歯から


河原で散歩している時、足場が悪いので
杖代わりにでも・・と棒を拾ったらサラにひったくられて
このざまです。介護犬など夢のまた夢。。。
d0113610_16115455.jpg


お久しぶりです。これから地獄の日々を綴りたいと思います。


旅から帰ってしばらく、ど〜〜〜も夜な夜な左下奥歯が痛むなぁ…と
思っていたらっっ!!!


うんぎゃーーーー!


大穴が!



大穴が、


開いとるやんけ!!



痛むはずだ・・。こんなになるまで気が付かないなんて。。

それでも重たい腰をエイコラと上げ、進まない足を前へ運び
トボトボと歯医者へ・・・・。

どうやら三年に一度ぐらいの割合で通うハメになるらしい。
いつも「どうされましたか?」と問われるが
虫歯に決まっとるやんけ。私のばやい。

診せると同時に「ありゃ〜〜〜」なんて言われる。
レントゲンを撮られる。
四方八方から麻酔を打たれ、がんがん削られる。
お陰で痛くは無かったが、結構な時間削られたので
額に汗が滲み、夏の診療はイカンなァ。。と削られながら想ふ。

削ったあとも、何やらホジホジやられる。神経を抜かれている様だ。
ぺたぺたと、詰め物をされて終了(今日のところは)

さて…私は、また何ヶ月通う事になるのだろうか。

神経を抜いた後は、もれなく根幹治療です。
歯科医の腕が試される大変困難を極める治療らしいです・・・。

15分ぐらい、針金の様なものを刺したり抜いたり。
最初は、良いんだけど、時間の経過と共に口も疲れてくるし、
針金の様なものを突き刺すのだから、いよいよ痛くなってくる。
一回でも痛い目をみると、汗が噴き出し、逃げ腰になる。

奥歯の神経と言うものは、複雑らしい。加えてどうやら私の歯髄は
根っこが曲がっているのみたいなので、難しいらしい。はァ。

これだけの治療を施したのだから、しっかりと炎症を起こしてしまい
左側では食べ物が噛めない。カチッと噛む事も出来ない。
従って、出来るだけ何も食べない様に心がけてます。
痛いし、意気消沈だし、暑いし・・・。

下の歯は、やっかい・・。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-19 16:12 | 日常