カテゴリ:…旅…( 49 )

理想的な生活。

ここに来ている間の生活は、
朝はちゃんと朝ご飯を食べ、それからサラの散歩。
一時間位河原をさまようので、大汗ダラダラのクタクタ。
家に着くなり、シャワーを浴び、着替えをしこたま持って来て
良かったネー!などと言い合っていたらもうお昼ご飯。

昼をすませると、買い物へ出かけたり、みんなでヤイヤイと
喋り倒したりしていると夕方の散歩。

ここでまた小一時間走ったり川に入ったりコケたりwして
汗だくのヘロヘロ。で、シャワー。

それから晩ご飯を食べ、布団を敷き、なんともう夜9時には
床に入り私たち夫婦は、お互いベシベシどつきあいながら

「まだ9時ですよ!!!奥さん!!」などとやりあっていた。

尿意をもよおし、目を覚ますと深夜2時だった。
いつも眠りにつく時間だ・・・・。

さて、大雨の降った翌朝は、旅館に泊まる予定。
午後から出発して、着きました〜!前に一度泊まった事のある

廃墟旅館(失礼なwちゃんと営業してます)
d0113610_1649463.jpg

ホテル シ〜モア。
実に素晴らしい外観。
d0113610_16514212.jpg

外観は、こんなのだけど中は綺麗なんですよ。
部屋は前と一緒で、広々自動ドアな所。
d0113610_16521216.jpg

何よりも私たち夫婦を虜にしたのは、やはりここだ。
ひとけのないゲーセン。昭和テイスト。
d0113610_16551557.jpg

奥に進むと、ますます人を寄せ付けない雰囲気のパチンコ台。
d0113610_1656454.jpg


嗚呼・・画像を見るだけでも、腸が〜〜w

展望塔にも行きました。以前は私独りで、年末で、人も魚もあまりおらず・・。
今回は、夏だ!ひ、人は前と相変わらずだけど・・・夏休み前ですし!
魚は、たくさん居るだろう。
ただ、日射しが恐ろしくキツクて、暑かった。
d0113610_1723361.jpg

丁度、エサやりタイムで、魚がウヨウヨ餌のカゴに群がっていた。
しかし、透明度は以前と変わらず・・。渾身の一枚。
d0113610_17389.jpg


ちょっと外へ出ると、汗が流れる程の暑さ。
すぐ温泉に入れるから良いものの、部屋に帰ると
あと30分で晩ご飯の時間だったので、大急ぎで温泉へ。
大浴場で身体を洗っていて、ハタと気がついた。
私以外の客は全て中国人。後で夫に訊ねてみたら男湯も
中国人ばっかりだったそうな。その後、ゲーセンで遊んでいたら
そこも中国人だらけになった。とっても賑やかでした。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-07-05 16:38 | …旅…

早速、野良犬。

煙草が値上がりすると聞いて、結構ヘビースモーカーだった祖母が

禁煙していた。

いや、もう、驚き。だってもう、祖母なんて
値上がりが先か、命が先かみたいな・・だし。
ニコレット噛みながらだけど。

えっ・・じゃあ私たち夫婦も・・ナニかい??てか、
極楽トンボなますおさん状態の父は??

相変わらず、酒も煙草も遠慮無くだった。嫁だったら殺されてるところだ。

夫は「外に灰皿があったよ。外で吸えば良いんじゃないん?」
私もニコレット貰おうかしら・・。などと考えていたら
祖母「あんたらは、煙草吸うてええで」とのこと。な〜んだ。
母だけが「イヤッ!ここは禁煙なのに!!」と言い張っていた。

祖母宅に到着した晩、夜中に眠りを妨げる程の大雨が降った。
そう言えば、梅雨明けはまだなんだった。
これから旅館やアドベンチャーワールド行く予定だけど
大丈夫かしら・・と心配した。
そんな雨、朝には止んでいて、割と涼しい。

さ〜さ〜早速朝のお散歩です。

いの一番に川の中に飛び込み、びしょぬれになるサラ。
d0113610_16165581.jpg

水に濡れると野良犬のようになる。そして、未だに3割り増し。デブサラ。

どちらかと言うと、私よりも男(夫)によりそう。
d0113610_16191747.jpg

あんまりにも私が遠く離れると、こっちを見て心配してくれるが。

うなだれるオヤジと犬。
d0113610_16214579.jpg


河原には大小様々な石ころが転がっているので大変歩きにくい。
しかも私はこんな下駄で散歩に出てしまい、
足下を見て歩かないと、すぐにグニャッとくじいてしまう。
d0113610_16251973.jpg


川にざぶざぶ入れるかなーと思って下駄にした。
冷たくて気持ちイイよ〜。
d0113610_16272212.jpg

雨があれだけ降ったのに、さほど川は増水してなかった。
向こうの景色が白く煙っていた。
d0113610_16285623.jpg


思いの外、画像がどっさりです。画像を眺めながら
時間とは誰にでも平等に過ぎて行くものなのだね…と
しみじみ思うのでありました・・。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-07-04 16:06 | …旅…

暑いのは想定外。

出発の日は、朝から雨が降ったらしく
家を出る時はちょうどやんでいたけれど、さほど暑いとも思わず
最寄りの駅までガラガラと便利なキャリーバッグを引きずって歩く。

この度、生まれて初めて気がついた。あまりにも遅すぎると思った。
新幹線の「のぞみ」と「ひかり」の指定席の値段が違うと言う事に。
200円か400円か・・そんぐらいだけど・・。

それでもう早速ひかり狙いで時間を調節して
大してのぞみと所要時間が変わらないひかりレールスターに
乗り込んだ。煙草も吸い放題だw最新型ののぞみではこうはいかない。

新幹線に乗っている間は、夫が駅で買った
いかがわしいオヤジ雑誌を読む。あっと言う間にホロ酔いになる。
夫はビールとお弁当を食べている。
アルコールがダメな私は「ビールを車内で飲む」と言う行為が
何回見ても信じられない。イヤとかでは無くて、驚いてしまう。

岡山→新神戸→新大阪、で逐一携帯を開き、
くーまんの記念撮影をする。
(各都道府県ごとに背景が変わるのです。早くこれがしたかったw)

新大阪に降り立ったとたん思った事。

暑い・・・。

なのに、ミニスタバでホットなラテをグランデで注文してしまう。
夫はアイスコーヒー。

そして、乗り換え列車に乗り込もうとすると・・

「人身事故で遅れておりまっせ〜」・・のアナウンスが・・。

だーいーぶー待たされて、母にも遅れるゼ!のメールをする。

いつ見ても新大阪駅は、ごちゃついている。
d0113610_15531453.jpg

一時間ちょっと待たされ、かつ、これも速いのを狙って切符を買ったのに
ほぼ各駅停車で進んでくれた。ま〜・・急がないからいいけど・・。
ちなみに初めっからこの列車に乗った人は払い戻し無しで(私達だ)
事故を起こした列車に乗っていて別の列車に乗せられた人は
払い戻しありで、何故か母が「もっと言って払い戻ししてもらい!」と
憤っていた。5000円ぐらいならば少々暴れて払い戻してもらうけど・・
840円だからなぁ。

何か重大な被害を被った訳でもなし・・。
あっ、ひとつあった。
列車が遅れに遅れたせいで、楽しみにしていた
サラの夕方の散歩を逃してしまったんだった。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-07-03 15:38 | …旅…

ラッキー!!


大阪に突入しても雪は降り続いて、ここは西九条〜。
d0113610_15391245.jpg

雪の粒が、でかい。

新大阪のホーム。やはり珍しい事らしく、
新幹線は20分遅れ。
d0113610_15395677.jpg

独りだと、退屈&寒い寒い! だけど、
夫婦二人だと、そんな事もなく勢いよく降り続ける雪を
見ながら、コーヒーを啜りつつ西に行くにつれて
この雪も見られなくなりそーだねー等と話す。
d0113610_15403213.jpg


やはり、広島にはこれっぽっちも雪は降っておらず・・
帰って来てからすぐに、お隣にお土産と、猛烈に重宝した
キャリーバッグを返しに行った。

猫のお世話ありがとう!!そしてこのカバン、
とっっても便利だったーー!と熱烈に語ったところ

キャリーバッグ、一個貰えたあああ!

うほーーー!そこそこ図々しい私も、さすがに貰えるなんて事は
予測してなかった為、飛び上がって喜んでしまった。
しかも四輪の、使い勝手のいい方を貰えたので喜びもひとしお〜〜。
買おうかな…と思っていた所だったので非常にラッキーかつセーフ!だった。

聞くところによると、私には全く用の無い、入ろうもんなら
出てってくれと言われそうな某高級デパートの福袋だったそうだ。
なるほど・・納得。。

あともう一回あるので、その時は又宜しくお願い致しますぅうう
と拝み倒しておきましたっ。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-27 15:36 | …旅…

あともう一回を糧に。。


白浜駅から、和歌山へ進むにつれて、延々雨…
かと思ったら、

雪〜!
d0113610_1523396.jpg

しかも結構本格的に。

珍しい事なんじゃないの?とはしゃぎつつ
なかなか車窓から雪景色を激写するのは難しく
何回も何回もシャッターを切った。
d0113610_15242071.jpg


それにしても今回の旅、夫婦での初めての旅、
思いの外、楽しかった。
故に、なぜもっと早く・・と言う思いがよぎる。

今まで、猫が居るから旅行は無理!と思い込んで
いたけれど、お隣に頼めば良かったんだ。
そんなお隣の伯母、活き活きと甲斐甲斐しく
猫達のお世話をしてくれた。
毎日夫の携帯に、画像付きでメールを送って来てくれて
その画像を見ながら、
あああ・・あんな部屋の奥の方まで入ってるヨー(TT)
と少し嘆いてしまったけどw その他はメールの文章が
初老のご婦人らしくトンチンカンだっただけで何の問題もなし(そうか?)

夫は夫で、お婆ちゃんと歩く時は、ピタリと側について
私はサッサと先へ先へ進み、お婆ちゃんに
「◎◎君は、偉いなぁ…ちゃんと自然に側についててくれて、、
あの子見てみ、お婆ちゃんの事なんかほったらかしや」

ウッ。

そんな訳で、夫はお婆ちゃんに大変気に入られ、
小遣いをドサドサ貰っていた・・・。
そして、何の遠慮もなく、ホイホイと貰う夫。
私と母は「お父さんもあんなのだよね…お婆ちゃんは
よそんちの息子に小遣いやるの、好きだよね…」
と、遠い目で分析していた。
そんな夫は、もともと年寄りに弱いのもあって、
行く時も、帰って来てからも
「お婆ちゃんに会いたいなぁ〜〜」などとつぶやいていた。

お婆ちゃんが「あともう一回行けるで!」と
毎度のセリフを吐いていた。えええええっ。
次こそ本当に最後だろうから、今度はもう少し、出来れば
一週間ぐらい休みを取っておいで、と言う事に相成った。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-26 14:14 | …旅…

そろそろ終盤。


いちお、私達の泊まった部屋には
「パンダの間」と言う札が置かれてました。
d0113610_22192848.jpg

このパンダの名前、、永遠に中国風じゃないとダメなんだろか。
ひとつも覚えられないんですけど…。

帰る日。一気に雨模様になった。セーフ!と言う感じ。
日頃の行いがよろしかったせいでしょうかw
d0113610_222053.jpg

そしてベランダに鳩。今頃来られてもー!
d0113610_22203775.jpg


さすがに三泊四日は、時間よ戻れぇええーと思う程、
あっちゅうま、でした。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-25 22:16 | …旅…

パンダが出たゾ。


子供が、パンダだパンダだ!と喜び勇んで見に行った所、
遠くの端の方で、ぐったり座っているパンダを見て、
え〜・・あれがパンダかぁ・・と、家路に着いて
洗面所に行くとパンダの着ぐるみが干してあり、
えっ!?これは!?・・と思うと同時に母親が
もの凄い勢いで入って来て、着ぐるみを隠し
「見なかった事にするのよ!!」と怒り狂う・・


と言うパンダの真髄を突いた漫画を思い出さずにはいられない。
まさに、そんな感じなのだ。しかも、薄汚い。
パンダは白・黒、ではなく茶色・黒だ。

ほ〜らね・・。
d0113610_19465455.jpg

だけども、それは大人パンダの場合。

以前居た双子パンダはレンタルしていた中国に返した。
そしたらまた双子パンダが産まれた!!

子パンダは、かわいいぞ〜。良く動くし、まだ白・黒w
d0113610_19474721.jpg

階段を上って子パンダ激写ゾーンへ。
d0113610_19482440.jpg

腹の部分から茶色くなりつつありますが・・。


これでアドベンチャーワールドとはお別れ。
終始、強風でした。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-21 19:45 | …旅…

猛獣!!


お腹が空きましたねーって事で、
レストランに入ろうとした。確か、思いっきり
昼時なのにもかかわらず、どこもガラガラで
夫希望のレストランに入った所、もちろん客は私達夫婦のみ。
セルフサービスなのにもかかわらず、全部持って来て貰い、
下げて貰えた・・。

ここもまた「ノーゲストな日もあり」だろうね〜
あまりに大混雑も困るけど、ここまで閑古鳥なのも…。

さて、お次は気を取り直して
無料のトレーラー仕立てのバスに乗り、
サファリ巡りです。
空いている様に見えて、一部に客が集まれば、結構な数になる。
3両編成(だったと思う・・)のバスがほぼ満員になった。

丁度、お昼過ぎ、飯も喰らったとこ。
大変天気も良く、強めの日差しが座席に注ぎ込む・・
ゆらゆらと揺れるトレーラー・・


眠たい。


ライオンのメス。猛獣はいつも激しく狩りをしているもの
と思い込んでいる為、あまりにゆっくりなライオン達を見ると
「そうか…猫だもんな…」と来るたびに思い直してすぐ忘れるw
d0113610_19413278.jpg


くろくま。日が差し込んでヘンな写りになった。
d0113610_19421597.jpg

ここの熊は、食べ物に肉を与えてない為、
凶暴じゃないそうです。

猫科最大の、とらお。こちらも横になり、ゆっくりされてました。
d0113610_19424826.jpg

お次は、アドベンチャーワールドの超目玉、パンダです。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-20 19:38 | …旅…

私のカワウソ。


KA・WA・U・SO!!



獺〜〜!

d0113610_16532353.jpg

私は、かわうそが大好きです。
イルカショーが終わった後、ホールを出た所で
従業員さんが、かわうそを抱っこして道行く人にアピール
していたのをめざとく見つけて、突進していった私。

やー、かわゆい…。キューキュー鳴いてる…。
あくびもしてる…。くうっ。撫で繰りまわしてやったゼ。

鳥、放し飼いゾーンにて。
いつぞや鳥インフルが流行った時は、閉鎖されていたそうな。
今でも一応、出入り口に消毒用のマットが敷かれていた。

鹿やマーラもそうだったが、鳥たちも同じく飢えてるみたいで
エサをあげようと財布をカバンから取り出すと
よそよそしかったアヒル達が、一斉にそわそわwグァッグァッ!

なんだこいつら…と思いつつ、おもむろにエサの入った紙コップを
差し出すと・・・・

んぎゃーー!!
d0113610_16535634.jpg

痛い痛い!それはエサでなく、私の指ぃいい!!アヒルって肉食だったっけーっ!?
キツツキばりの勢いで紙コップめがけて、アヒル達が襲って来た。
手の平にエサをのせて…なんてとんでもない。
笑いと共に、そこはかとなく恐怖まで湧いてくる。
夫も向こうの方で、笑い転げながら「痛いッ」なんて言ってる。
小さいお子さまにはお勧めできません!!
でも、勇敢な大人にはオススメ!!

ふれあい広場に入ると、またしても、私の大好きな
かわうそが。やっぱり可愛い・・・。
コネコネと撫でて、犬広場へ行く。
そこで、訳もなく、何故か、夫がラブラドールに
吠えられるw
すると、遠くに居た係員が、それはもうドスのきいた恐ろしい声で
ラブラドールを叱りとばしていた。
大きな柵の中で放たれているので、もちろん撫でたり出来るのだが
夫はサラをかまう要領で、あのラブラドールを追っかけたら
また吠えられたww
今度はこっちが悪いのにもかかわらず、
やはりまたラブラドールは係員に鼻っ柱を掴まれて叱られていた・・。

犬広場を出て、寒いのが苦手な小猿の居る所へ。
そこでまた夫が小猿のタマリンに、ガンをつけられるw
そんなタマリンを大変夫は気に入り
「暖かい時期に来たら、かわうそみたいにふれあえるんよ」
と言うと、とても悔しがっていた夫。

夫が、タマリン飼いた〜い!と調べた所、、絶滅危惧種なのにも
かかわらず、しっかり売られていたそうだ…200万ぐらいで…・・・。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-16 16:50 | …旅…

閑散期の憂鬱。


うがぁああ…←まだ悔しいようす。

気を取り直して…夏はこの体育館風の食堂が満杯になります!
d0113610_1615399.jpg

私が来たときには、いつも閉まってるこの食堂・・。
閑散期にしか来ないから・・。

ベンガルトラの剥製。体長4m!!
d0113610_1623625.jpg

さぁ、本格的に動物探索〜。
d0113610_1632895.jpg

ちっともこっちを向いてくれない
マイペースなレッサーパンダ。
d0113610_164263.jpg

首がぐにゃぐにゃに曲がり、膝は反対方向に曲がり、
まどろむ時は一本足。フラミンゴ。
d0113610_1643211.jpg

ペンギン館の入り口にて。寒いのが得意な動物達は
このやうに、外で飼育されていた。
d0113610_165379.jpg

扉の鍵を開けようとする、ずるがしこい奴も。
d0113610_1653867.jpg

ペンギン館の中。フラッシュが焚けないのと、
意外にもちょこまか動いてくれるのでボケ気味です。
d0113610_1662064.jpg

そわそわしてたのは、エサの時間だったからか・・。
d0113610_1665459.jpg

子ペンギン。ほあほあでかわゆい。
d0113610_1672795.jpg

イワトビペンギン。そっぽむかれる。
d0113610_1681378.jpg

貝殻を常に胸元に置いて、ラッコらしさをアピール。
d0113610_1685545.jpg

白クマ。オスとメス。最近やっと仲良くなってきたらしい。
白クマの世界も大変だ・・・。
d0113610_1693537.jpg

動物放し飼いゾーンにて。
いつもカピバラと間違える、マーラ。
d0113610_16103336.jpg

一心不乱に枯れた芝生を食べている。
一見、慣れているようで、人が近づくとすんごく迷惑そうな顔をして逃げる。
d0113610_16112072.jpg

日向でもんどりうつ可愛いマーラ。
d0113610_1612347.jpg

鹿の餌売り場にて、鹿が大群で紙コップに入っている
エサを強奪していた。扉がちゃんと閉まってなかったらしい。
1カップ100円のエサが20個は散乱していた・・。
貴重な収入源がw

こらーーっ!!と鹿達を追っ払い、散乱したカップを
拾い集めてゴミ箱に捨てた。

料金箱にお金を入れて、強奪されなかったエサを取ったものの
紙コップの十分の一ぐらいしかエサは入っておらず・・
鹿達は強奪してもなお、餓えた目つきをしていた。

必死でエサを貰う鹿。檻の向こう、羨望のまなざしのマーラ。
ちゃんとあのマーラ達にもエサをあげました。
d0113610_16125442.jpg

日向で大変お行儀の良いポーズをキメる、ワオキツネザル。
d0113610_16133292.jpg


そう言えば、妹と来た時に居たワラビーが黒豚に変身していた。
[PR]

by mokumaou11 | 2008-02-15 17:16 | …旅…