たった一本の虫歯から


河原で散歩している時、足場が悪いので
杖代わりにでも・・と棒を拾ったらサラにひったくられて
このざまです。介護犬など夢のまた夢。。。
d0113610_16115455.jpg


お久しぶりです。これから地獄の日々を綴りたいと思います。


旅から帰ってしばらく、ど〜〜〜も夜な夜な左下奥歯が痛むなぁ…と
思っていたらっっ!!!


うんぎゃーーーー!


大穴が!



大穴が、


開いとるやんけ!!



痛むはずだ・・。こんなになるまで気が付かないなんて。。

それでも重たい腰をエイコラと上げ、進まない足を前へ運び
トボトボと歯医者へ・・・・。

どうやら三年に一度ぐらいの割合で通うハメになるらしい。
いつも「どうされましたか?」と問われるが
虫歯に決まっとるやんけ。私のばやい。

診せると同時に「ありゃ〜〜〜」なんて言われる。
レントゲンを撮られる。
四方八方から麻酔を打たれ、がんがん削られる。
お陰で痛くは無かったが、結構な時間削られたので
額に汗が滲み、夏の診療はイカンなァ。。と削られながら想ふ。

削ったあとも、何やらホジホジやられる。神経を抜かれている様だ。
ぺたぺたと、詰め物をされて終了(今日のところは)

さて…私は、また何ヶ月通う事になるのだろうか。

神経を抜いた後は、もれなく根幹治療です。
歯科医の腕が試される大変困難を極める治療らしいです・・・。

15分ぐらい、針金の様なものを刺したり抜いたり。
最初は、良いんだけど、時間の経過と共に口も疲れてくるし、
針金の様なものを突き刺すのだから、いよいよ痛くなってくる。
一回でも痛い目をみると、汗が噴き出し、逃げ腰になる。

奥歯の神経と言うものは、複雑らしい。加えてどうやら私の歯髄は
根っこが曲がっているのみたいなので、難しいらしい。はァ。

これだけの治療を施したのだから、しっかりと炎症を起こしてしまい
左側では食べ物が噛めない。カチッと噛む事も出来ない。
従って、出来るだけ何も食べない様に心がけてます。
痛いし、意気消沈だし、暑いし・・・。

下の歯は、やっかい・・。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-08-19 16:12 | 日常

<< 終わりの見えない旅 良い旅館でしたが・・ >>