良い旅館でしたが・・


ロビーから外に出ると、庭と足湯がありました。
d0113610_18561871.jpg

d0113610_18571282.jpg

ぶどうの木もあった。
d0113610_18574539.jpg

なかなか風流で良い感じ・・・なのですがっ
雨です。しかも大雨が降って来て、実は旅館から帰る日に
そのまま最寄りの駅から私は帰ろう・・と思っていたのです。

テレビでは大雨でよその僻地が土砂崩れる画像が映し出されていた。
しかも線路が埋まっている。

そこで誰よりも心配性なお婆さんの出番ですよ。
「もうちょっと小降りになってからか、
止まなかったら明日帰り!!」
との事なので、夕方帰る事にした。

午前中、祖母宅に着いて、そのままサラの散歩。
またあのトレーニング用の傘を持たされたっ。

・・・川なのに満ち潮の様に水が押し寄せて来ている。
カッパを着せられたサラは遠目に見ると人間みたいだった。
d0113610_18583754.jpg

サラの行かんとする所は、黒麻呂白麻呂の居る犬舎。
水が壁になって、人間は渡れなくなっている。
犬舎は、少し高台になっているので、これぐらいの雨なら
しのげるだろうけど、、ちょっと心配。

人の歩ける所がほんの少ししかない河原をあとにする。

これは誰かが咲かせた姫檜扇水仙。
d0113610_18593253.jpg

向こうで「早く来なさいっ」と母が呼んでます。
私が立ち止まるとサラも動かなくなるので…。

そうして、私は電車に乗り、新幹線に乗り、帰ってしばらく
台風がやってきた!危機一髪でした。たいしたことなかったけど。

しか〜し、この度の旅館も、一長一短と言うか、
総評は○なんだけど、困った事が少々あった。
旅館の朝はバイキング!と思い込んでいる私は、
あの品揃えでも、少しバイキングに未練タラタラだった。
コーヒーとか、飲み物をがんがん飲みたいので。
それと、朝だけは和食か洋食選べたら良いな〜と思った。

それからこれは超少数派、もしかしたら私だけかも・・
備品は、バスタオル・フェイスタオル・足袋(初めてで、
ナニコレ?と言ってしまった)・クシ・毛先が極細のはぶらし・
髪を結ぶゴムと綿棒とコットンがセットになったやつ等々・・
かなりの完全装備!が!!私には、もうひとつ、必要だった。

もしかしたらお風呂場に置いてあるのかも!
・・クシやら化粧水やら角質ポロポロなやつは置いてあったけど
私の求めるソレは、無かった。

では、売店は!?
何周しても見当たらない・・。

仕方なく、次の日祖母宅へ一時帰宅する母に持って来て
貰う事にした。

T字のカミソリ〜〜!おお〜!

これが無いと、私の足は男と化してしまう。

・・そんな事を、テーブルに置いてあったお客様の声用の紙に
つらつらと書いた。
[PR]

by mokumaou11 | 2007-07-28 19:02 | …旅…

<< たった一本の虫歯から ご飯は、和食。 >>