◇顔合わせ◇


行く道混むだろうな〜と思い、早めに出たら、
あっさり30分前に到着してしまった。
ちょっと早く来過ぎたかね?と思っていたら、
すぐ後ろから両親の車。お早いお着きで〜。

ホテルのロビーでウロチョロしていたら、
許嫁一家到着。弟妹達が、若い…(20代前半〜後半)
一番最後に、弟と彼女がやってきた。

さすが節穴の目を持つ母の「あゆ似」とはほど遠く、
かと言って不細工でもなく、私は想ふ「常盤貴子似」
夫曰く「笑うと安藤美姫」…?で、痩せ気味のべっぴんさんだった。

〜顔合わせ会場〜

ばばーん。
d0113610_18444530.jpg

でたー!またあの、中盤に天ぷら、最後らへんにご飯が出てくる
気合い一発満腹コースだ。

ちゃかぽこと、席に着き、各自挨拶をつらつらと済ませ、いただきま〜す。

こういう席が得意中の得意の父は、料理をほとんど食べずに
酒だけ飲んで、最初から最後まで活き活きと、しゃべくりたおしていた。
寿命が少し延びた事だろう。

弟は相変わらず、ぶっきらぼー…かと思いきや、
「お忙しい中、お集まり頂き…」等と、きちんと挨拶していたり
夫に「ビールは、飲まんのん?」と勧めてみたりと、
そこそこ大人になっていた。
でも、母に対する応答は「さぁ…」とか「知らん」とか
「できん」とかばかりで、これは相変わらず。
実家に住めば?と言う恐ろしい母のススメに

弟「築20年じゃろ。住めんよ」

母「だったら全部取り壊して



二世帯住宅を建てるんよぉ〜!」


母よ…。築20年だから住めないと言うのは建前じゃ。
本音は「あんたらとは」住めないよって意味だよ。
ここは弟が全力で阻止する所だ。がむばれ。

さてさて、あとは、ほんまに行くんかいのー、の
グアムで挙式。
これは、やはりと言うか、嫁ががっつりと仕切っているもよう。
弟は、言いなりだ。笑える。
ドレスの写真も見せてもらったけど
それはそれはイヤそうに、正装した弟も写っていた。

しかし、なんだね、どうして同じ写真が何枚も何枚も
あるのかね?んん?と思っていたら
弟「どれも同じじゃろぉ?」

ハッ

良く見たら同じじゃないっ。
微妙にデザインが違っているっ。
あぶねーあぶねー、早速小姑魂をむき出しにする所だった。

私「そっ、そんな事無いよ〜!
こっ、これが一番可愛い!!」

と慌てて、たまたま開いていたページを指差した…。
妹達はキャッキャとじっくり写真を眺めていたけれど、
義姉とはこんなもんよの。(え、違うんですか)

あと、何やら、私の夫の実家と許嫁の実家が同じ町で
夫が苗字を言うと、許嫁母が「ええ!?○○ちゃんの(←夫の叔母其の弐)所!?」
許嫁弟が「○○君と(←夫のいとこ)同級生ですよ」

夫の実家と許嫁の実家が20m先ぐらいのご近所さんだった。
それに、私の父と夫の叔母其の壱が、飲み屋のママとその客で、
そらもうビックラしたし。
不思議と言うか、奇妙な縁だ。

こんなにも世間は狭いのかぁー!
[PR]

by mokumaou11 | 2007-05-01 18:49 | 日常

<< せめて生後一ヶ月… こういうの、いかがですか? >>